2016年1月、
自分の人生の最期について、改めて考えさせられるキッカケがあった。

「死ぬまでに何を成し遂げたいのか」
「自分が生きた証として、何を残したいのか」
 
そんなことを考えていた。
 
そして、こんな風に思った。
人の心の中の片隅にポワッと温かい想いの粒を残したい。 それが私の生きる証。
 
今迄も沢山の出会いがあり、
これからも沢山の出会いがあると思う。
 
 
一度しか会うことがない人もいるだろうし、
ご縁あって親しくなる人たちもいるだろう。
 
 
今は疎遠になっているけど、また再会する人たちもいるだろうし、
今は近くにいるけれど、疎遠になっていく人たちもいるだろう。
 
 
いずれにしても、ず〜っと同じ状態が続くことはない、ということ。

私たちは、ある流れに乗っかっているから。無常。

 

だからこそ、
今この瞬間にご縁ある人たちと過ごす時間は、とても愛おしい。
 
 
今を大切にしながら、今を意識しながら、
出会う人々の心の中にポワッと温かな想いの粒を
一つ一つ丁寧に残していきたい。
 
 
いつか誰かが、
私と笑いながら過ごした時をふと思い出してくれた時、
私の作ったアクセサリーにふと触れた時、
アトリエ料理やスイーツの味を懐かしく思い出してくれた時、
 
 
一瞬でも誰かの心の中の片隅で、私の残した想いの粒の光が、
ぽわ〜んと温かく灯ってくれたなら・・・
それは、とっても幸せなこと。
 
 
そんな想いを込めながら、
これからも応援アクセサリーを一つ一つ作り続けていく。
と、心に決めた。
 
 
私の人生において、出会ってくれた皆々様に
心より感謝を込めまして。
 
 
 
アクセサリーデザイナー
TOMOKO HOSHIYA